FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
崇高
- 2007/01/25(Thu) -



あるとき、急に、目の前の彼が崇高な存在に見えてきた。
彼はもしかしたら、犬の体を借りた「神」なのかも
しれない、と・・・

彼は、私たちに「大切な何か」を教えるために
此処に存在しているのだろうか・・・?
そして、彼は身をもって私たちに大切なことを
教えようとしている。

それに気づくか、気づかないかは、私たちの持つ
アンテナ次第なのではないかと思う。

彼が携えるメッセージを清らかな心で
受け取り、咀嚼しておかなければ。


スポンサーサイト
この記事のURL | two dogs | CM(0) | TB(0) | ▲ top
学び
- 2007/01/08(Mon) -



くつろぎのひととき。
ふたり並んで横たわるあね・おとうと。

こんな風景が見られるようになったのは、
実はつい最近になってからのこと。

小さなあねはおおきな存在のおとうとを気にしなくなった。
やんちゃなおとうとはあねをいたわり、気遣うようになった。

月日をかけて、きょうだいらしく、家族らしくなっていく
多頭数の暮らし・・・


この記事のURL | two dogs | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年を占う
- 2007/01/05(Fri) -



今月中旬には学校へ戻るおとうと。
帰ってからの2ヵ月半に彼の成長を見た。

どこにでもいる無邪気な家庭犬。
だけど、一人前の警戒犬にもなっていた。

精神構造がほかの子に比べ幼いと言われる。
けれども、亀の歩みでも、彼なりに大人に
近づいていると思えた。

普通の家の普通の家庭犬が、訓練犬たちに混じって
がんばっている。
今年も、たとえ亀の歩みでも、きっと去年よりは
レベルアップしているはず。
飼い主はそう信じる。

遠回りしてきたようにも思える。
でも、この歩んできた道こそ、一番の近道だったと
振り返ればそう思える。


努力はやがて報われる。

この記事のURL | two dogs | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しい年
- 2007/01/05(Fri) -
2007年が明けた。
もも、今年の秋に7才になる。




小さい頃はびびりぃ~でびびりぃ~で
散歩すら満足にできず、いったい
どうなることかと気をもんだけれど。

いつも不安げなかわいい顔をしていたももも、
いつの間にか、貫禄のある自信に満ちた表情を
見せてくれるようになっていた。

ももには怖いものはもうあまりないみたいだ。
ももの心の成長をとてもうれしく思う。

たとえ幼いときにびびりっこだったとしても、
丁寧に時間をかけさえすれば、
自然にそれは解消できるものだと
ももが私に教えてくれた。

もちろん、そのための努力を惜しまないのは
言うまでもなく、だけど・・・

飼い主ががんばれば、犬は必ずそれに
応えてくれるもの。
そう教えてくれたのも、この子だった。

もも・・・私の汗と涙の結晶。

この記事のURL | two dogs | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。